浄水器はもう古い!おすすめの水素水生成器ランキング
浄水器はもう古い!おすすめの水素水生成器ランキング

どの水素水生成器が健康・美容に効果のある水を作れるのか、徹底調査しました。

設置場所別!おすすめの水素水生成器はこれ!

水道直結型でイチオシの水素水生成器はこちら 独立型でイチオシの水素水生成器はこちら 携帯型でイチオシの水素水生成器はこちら
本当に良い水を定義したIP理論とは?
HOME » もっと知りたい!水素水とは? » どうやって作るの?

どうやって作るの?

健康効果が期待できる水素水の作り方を紹介します。

水素水の作り方をリサーチ!

市販されている水素水には、さまざまな方法で水素を発生させ、水に溶け込ませています。その中でも特に主流と言える3タイプについて説明します。

ガス充填方式

バブリング」とも呼ばれる方法で、高い圧力をかけた水素ガスを水に押し込む方法です。ペットボトルやアルミパウチといった市販の水素水はこの方法で作られています。

工場で充填された時は水素濃度が比較的高い状態ですが、水素はどんなに密閉しても徐々に水から抜けていく性質を持っています。そのため、私たちユーザーの手元に届くころには水の中には水素がほとんどない、ということもありえるのです。

化学反応方式

マグネシウムなどの金属を水に触れさせることで化学反応を起こし、水素を発生させる方法です。材料さえあれば家庭でも簡単に水素水を作れますし、スティック状になっている商品もいくつか市販されています。

しかし、中には粗悪品も含まれているので注意が必要です。購入する際はマグネシウムの純度が高いものを選ぶようにしましょう。

ペットボトルなどで簡単に水素水を作れるマグネシウムスティック。しかし、繰り返し使用すると発生する水素の量が徐々に減っていきます。ですので、購入前にスティック1本でどのくらいの期間・回数使えるのか確認が必要です。

電気分解方式

水に電圧をかけると電気分解ができ、その結果水素が発生します。この水素を使って水素水を作る方法です。最も健康効果の高い水素水の生成方法だという説もあり、水素水生成器のほとんどが電気分解方式を採用しています。

電気分解によって作られた水素水は、含まれている水素の粒子が小さく、酸素と結合しやすいという特徴があります。つまり摂り込んだ際、体内の活性酸素などの酸化物質を引き寄せやすいのです。

マグネシウムなどの金属を水に浸けるわけではないので、水素水の中に余分な化合物を発生させることなく、純粋な水素水が生成できるので飲用に最も適していると言えます。

電気分解方式で水素水を作りだす生成器を比較

効果を更に高める生成方法とは?

上で挙げた方法のうち、電気分解方式が最もおすすめということは説明しましたが、その電気分解の中でも特に良いものが直流によって電解された水です。

長期間電気分解をすると、水に溶け込んでいるミネラルが電極の片方(主にマイナス極)に集まって付着してしまい、生成能力を大きく落とす要因となります。多くの水素水生成器ではミネラル分が付着しないよう、電極のプラスとマイナスを交互に入れ替える交流電解方式を採用しています。

一方、直流による電解方式はミネラルが電極に付着することが考えられますが、それ自体は日々のお手入れによって防げます。また、メーカー側もミネラル分が付着しにくい素材を電極に使っているので、あまり問題視する必要はないでしょう。

直流による電解をされた水素水は、水素が安定して水の中に留まりやすいという特徴があります。

今回、このサイトで取り上げている水素水生成器の中にも、直流による電気分解で水素水を作りだすものも紹介していますので、製品を選ぶ際の参考にしてください。

【特集】水素水の質を計るには

水素水の質を表す指標として、pHや酸化還元電位(ORP)を用いているメーカーや販売店が数多くあります。ですが、これらの数値が水に溶け込んでいる物質によって左右されることをご存知でしょうか。

そこで、テキサス大学医学部で客員教授を務めた経験もある、花岡孝吉氏が電解水の本質を計る指標として2001年に発表したのが「IP理論」です。

直流で電気分解された水はIP(イオン積)数値が高まり、それに比例して解離性も高くなります。解離性が高い水は細胞内に入りやすくなり、身体中のさまざまな細胞を活性化させてくれる、という理論です。

この論文はクルーガー・アカデミック・パブリッシャーズ(現シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア)の国際化学誌にも掲載され、世界の注目を集めています。

IP理論に基づいた
質の高い水素水を作れる生成器はこちら

 
浄水器はもう古い!おすすめの水素水生成器ランキング