浄水器はもう古い!おすすめの水素水生成器ランキング

浄水器はもう古い!おすすめの水素水生成器ランキング

どの水素水生成器が健康・美容に効果のある水を作れるのか、徹底調査しました。

設置場所別!おすすめの水素水生成器はこれ!

水道直結型でイチオシの水素水生成器はこちら 独立型でイチオシの水素水生成器はこちら 携帯型でイチオシの水素水生成器はこちら
本当に良い水を定義したIP理論とは?

健康に良い水なら水素水生成器を使うべし!

水を飲む女性最近では美容や健康のために、浄水器でろ過した水ではなく水素水を取り入れる人が増えています。市販の水素水でも良いですが、コストパフォーマンスの良さや毎日購入する手間を考えると、水素水生成器・水素水サーバーがおすすめ

このサイトでは、さまざまな水素水生成器・水素水サーバーが生成する水の質に注目し、それぞれの製品を紹介しています。

水素水生成器のタイプ別に特徴を比較

まずは、水素水生成器を設置場所で3タイプに分けて、それぞれの水質や特徴などを比較しています。

水道直結型

水素水の
品質
強い酸化還元力を持ち、溶存水素濃度も高い水素水を生成できる機器が多くあります。
健康効果 国から健康効果を認められており、胃腸症状の改善効果がある水素水を生成できる唯一のタイプです。
水素水
生成能力
1分間の通水で少なくとも2リットル、多ければ5.5リットルの水素水を生成できます。
設置できる
場所
キッチンのシンク周りなど、水栓・蛇口のあるところに設置可能です。
メリット・
デメリット
good 一度取り付けてしまえば、飲みたいときに蛇口を捻るだけでOK。

good ランニングコストは水道代と電気代、1年に1回程度のカートリッジ代だけ。1年間のトータルで見ると安価で済みます。

no good 水栓や蛇口につなぐ必要があるので、設置場所が限られます。

no good 本体価格や取り付け費用といった初期費用が他のタイプよりも高価になります。
水道直結型の水素水生成器ケアウォーターV2 ECOの詳細はこちら

独立型

水素水の
品質
溶存水素濃度が高い水素水を作れるものが多くあります。ミネラルウォーターでの水素水生成が推奨されています。
健康効果 生成できる水の健康効果について公式な認可を受けていません。
水素水
生成能力
機器によってバラつきはありますが、一回に生成できる量は2リットル前後。生成に30分かかる物もあります。
設置できる
場所
電源さえあれば、キッチンに限らずオフィスや寝室にも設置できます。
メリット・
デメリット
good 水道直結型と比べてイニシャルコストがかかりません。

good 場所を選ばずに使え、取り付け工事も不要です。

no good タンク容量に限りがあり、1回の生成に時間がかかります。

no good浄水機能を搭載していないものが多く、中には水道水の使用ができないものもあります。
独立型の水素水生成器ルルドの詳細はこちら

携帯型

水素水の
品質
機器本体が小さいため、溶存水素濃度は他の2タイプよりも低めです。こちらもミネラルウォーターの使用が推奨されています。
健康効果 生成できる水の健康効果について公式な認可を受けていません。
水素水
生成能力
持ち運べる大きさなので、生成量は多くても0.5リットル程度、生成に必要な時間は10分程度です。
設置できる
場所
鞄にすっぽり入ってしまうので、どこにでも持ち歩けます
メリット・
デメリット
good 水道直結型や独立型の水素水生成器と比べると安価です。

good どこにでも持ち運べるので、いつでも水素水を飲むことができます。

no good 1回あたりの水素水生成量が圧倒的に少量です。

no good 使用後は都度、洗浄する必要があります。
携帯型の水素水生成器マイカップyoumeの詳細はこちら

水素水の質や生成能力で選ぶなら水道直結型がおすすめ

水道直結型、独立型、携帯型の水素水生成器・水素水サーバーを、生成できる水素水の質や生成能力で比較した結果、最もおすすめなのは水道直結型の水素水生成器です。

生成した水素水の健康効果が国から認証されているのは、水道直結型の水素水生成器だけ。また、健康のために必要な量の水素水を無理なく作れるのも水道直結型の水素水生成器なのです。

最もおすすめの水素水生成器は「ケアウォーターV2 ECO」

おすすめの水素水生成器・ケアウォーターV2 ECO水道直結型の中で最もおすすめできる水素水生成器は、水素水以上の水素水を作れるケアウォーターV2 ECOです。

ケアウォーターV2 ECOは厚生労働省と第三者機関によって、胃腸症状の改善という健康効果を認証された指定管理医療機器です。この認証を受けているので、効果について堂々と公表できる水素水生成器なのです。

体液とほぼ同じ!?OHマイナスの水を生成できる

ケアウォーターV2 ECOが生成する水のほぼ100%が、高い浸透力を持ち細胞に出入りできるOHマイナスで構成されています。OHマイナスの水には、還元力が低下しないという特徴があるので、体内にある活性酸素の除去に大きな力を発揮します。

ちなみに一般的な整水器を通した水では、細胞内に取り込まれるのは多くても15%程度。残りの85%の水は汗や尿として排出されてしまいます。一方、OHマイナスの水は体内に摂り込まれると、すぐに細胞へ吸収されます。そのため、身体の隅々まで行き渡りやすいのだそうです。

身体に良い水を定義したIP理論の監修を受けている

水素水の質を計るためによく使われているpHやORP(酸化還元電位)といった数値は、実は水に溶け込んでいる物質によって左右されます

また、生成される水素濃度の数値があまりに大きな数字で表記されている製品は要注意です。

水の中に溶け込める水素は1.6ppmが理論上の最大値なのですが、その数字を大きく見せようと「ppb(※)」という単位を使っていたり、実際には水に溶け込んでいない気泡状の水素までも計測しているケースもあって、これらの指標では「本当に良い水」は測定しにくいのだとか。

そこで、水そのものの質を計る指標として提唱されたのが「IP理論」です。ケアウォーターV2 ECOは、このIP理論の監修を受けており、身体に良い水として認証されているのです。

※ppb=パーツ・パー・ビリオンの略で10億分の1を表す単位。ppmは100万分の1を表す単位。1ppm=1,000ppbとなる。

IP理論について詳しくはこちら

プロスポーツチームや大学病院・国際的機関でも使われている

ケアウォーターV2 ECOから生成された水は浸透力が非常に高いため、がぶ飲みした直後に走っても脇腹が痛まないのだとか。そのため、サッカーや野球、バスケットなど、国内のプロスポーツチームでもケアウォーターV2 ECOは活躍中、大学病院をはじめとした医療機関でも導入されています

一般的な浄水器や整水器メーカーは、こうした医療機関などでの導入実績を作るために、無償提供することもあるそうです。

しかし、おすすめの水素水生成器・ケアウォーターV2 ECOは、スポーツチームや大学病院が購入して使っているとのこと。チームトレーナーや医師がその水質を本当に認めたからこそ、対価を支払って使用しているのです。

さらに、特筆すべきはこの水素水生成器が国際的機関でも導入されていること。もちろん、この機関からも正当な対価を受け取って、機器を提供したそうです。

※このサイトは個人的に集めた2015年4月時点の情報を基にしています。
最新の詳細情報は必ず、各メーカー・販売サイトで確認してください。


健康や美容を目的に、水素水を積極的に取り入れるならば、ケアウォーターV2 ECOはまさにうってつけ。なによりも効果がきちんと証明されている点が、いちばんのおすすめポイントです。

より質の良い水素水を摂り入れたい方は、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

高品質な水を作れる水素水生成器ケアウォーターV2 ECOの詳細はこちら

 
浄水器はもう古い!おすすめの水素水生成器ランキング